言語聴覚士(ST)の在宅訪問ケア


 
失語症は、コミュニケーションの関係障害を修正していくことで、
いつまでも緩やかに回復していくものです。


失語症や構音障害など、ことばの障害でお悩みの方たちをSTが訪問治療を行います
脳卒中や交通事故などの原因で、リハビリテーション病院などで治療を受け、退院後は
十分なケアが受けられないでいる方。STがお宅に訪問し、一人一人の言語能力やコミュ
  ニケーション能力を評価し、別の指導、プログラムにそって、治療を始めます。      
 また、個人訓練とあわせて、同病者とのグループ(仲間づくり)にて対人コミュニケーシ
        ョン訓練も実施します。                                     
   
 平成16年4月よりの診療報酬改定により、在宅訪問リハビリテーション指導管理料が、
言語聴覚士が訪問した場合にも算定要件に追加されました。これによって、これまで実
費負担でした指導料が、医療保険を使うことでかなり減額されることになりました。
また、介護保険下における訪問リハビリも可能ですので、お問い合わせ下さい。  


失語症って?   プロフィール   訪問指導の概要・特色  

新聞報道    東山地区失語症友の会   リハビリ教室/出張施設  

山梨お口とコミュニケーションを考える会 
 NTTクラルティ「ゆうゆうゆう」

 1月28日(日)東山地区失語症友の会例会!

お知らせ    リンク     管理者より

 
メール 

平成14年 6月 6日新築
平成29年 1月 8日更新